自由診療と心得る

薄毛にお悩みの方は育毛剤のランキングを見て育毛を初めてみませんか?どこの製品にしようか迷っているならこちらを参考にどうぞ。

AGAが別名、男性型脱毛症と呼ばれるのは、男性ホルモンが深く関係しているからです。そして、今ではAGAを医薬品で治療することができるようになりました。AGA治療薬の先発医薬品にフィナステリドがありますが、これは元々前立腺肥大症の治療薬として開発され、多くのAGAで悩む患者さんたちを救ってきたのです。 現在では、日本でもフィナステリドを使って治療を行うことができるようになりましたが、病院で処方してもらうのが原則的となっています。また、AGAの治療は自由診療にあたり、長期間の服用が必要になりますからその治療にかかる費用は高額なものになる傾向があります。

AGAを治療するためには、原因物質である男性ホルモン由来のジヒドロテストステロンを抑える必要があります。 ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼの働きで生合成されるために、5αリダクターゼを抑制する医薬品がAGAには有効なのです。そして、フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きを阻害する医薬品なのです。 フィナステリドを入手するためには、病院で診察を受けた上で処方してもらうことが重要ですが、AGAであるとはっきり診断がついたのであれば、治療にかける費用を抑えることもできます。その方法とは、医薬品の個人輸入で入手費用を抑えるのです。 海外で製造されたフィナステリドのジェネリック医薬品ならば、入手費用が格段に下がるのです。

記事リスト

  • AGAクリニックとは

    AGAは男性型脱毛症の事であり、専門のクリニックで治療する事によって発毛できる場合も多いのです。東京には専門クリニックが多く、一般クリニックよりも価格は高くなる傾向にあります。

  • 薄毛の原因を知る

    薄毛対策を始める場合は、事前に薄毛になってしまった原因をしっておく事が大切です。また、専門の医院を受診することによって、これらの診察を行ってくれるため、効率の良い診察が出来ます。

  • 自毛植毛で解決

    育毛剤などを使用しても薄毛が改善しないしない場合には植毛という方法があります。自分の髪の毛を薄い部分に移植する自毛植毛は、仕上がりが自然な感じになるのが特徴です。クリニック選びでは、料金や手術方法など比較すると良いです。